MENU OPEN

あなたと金沢大SGUYOU & KU-SGU

学外サポーター × 金沢大SGU

学外サポーターの皆様のご協力を得ながら,
金沢大学は大学の国際化を進め,国際社会に貢献していきます。

チェコ工科大学(チェコ)
教授、金沢大学コラボラティブ・プロフェッサー

ミハル ベネス さん

-Brief Introduction of Yourself

Prof. Dr. Ing. Michal Beneš – deals with applications of partial differential equations, numerical methods for their solutions, with mathematical modeling and numerical solution of nonlinear problems in engineering, environment protection and computer science. He was supervisor of 38 master degree project and of 14 Ph.D. theses. He collaborates with numerous research institutes and universities in the USA, Europe and Japan.

 

-How did you get to know Kanazawa University?  What is your impression of the university ?

My longterm collaborator Prof. M, Kimura introduced me to the KU, School of Computational Mathematics, where I found a very good environment suitable both for research and education.

 

-List the recent activities as a Collaborative Professor

Together with Prof. M, Kimura, Prof. H. Ohtsuka and others, a regular student exchange has been established on the level of Bc, MSc and PhD. Production of new research results continues. The exchanges take part each year in high number of students from KU visiting CTU Prague.

One of conferences of the common series the Czech Japanese Seminar in Applied Mathematics took place I Noto and Kanazawa in 2018. Another such conference has been organized online in January 2021 with 72 participants from Czech Republic, Japan, EU and USA.

このカテゴリーの他の記事をみる

  • 圓光大学(大韓民国)
    チェア・プロフェッサー、金沢大学コラボラティブ・プロフェッサー
    キム ウー ヒュン さん

  • ガジャ・マダ大学(インドネシア)
    准教授、金沢大学コラボラティブ・プロフェッサー
    ショリフン さん

  • リーハイ大学(アメリカ合衆国)
    教授、金沢大学コラボラティブ・プロフェッサー
    キリ リー さん

  • トゥイーロイ大学(ベトナム)
    准教授、油圧構造部門長、金沢大学コラボラティブ・プロフェッサー
    ホー シ― タム さん

  • カザン連邦大学(ロシア連邦)
    副学長、金沢大学シニアコラボラティブ・プロフェッサー
    ドミトリ タユルスキー さん

  • モンクット王工科大学トンブリ(タイ)
    学長補佐(国際化担当), 准教授、金沢大学シニアコラボラティブ・プロフェッサー
    アナック カンタチャワナ さん

  • バンドン工科大学(インドネシア)
    准教授、金沢大学シニアコラボラティブ・プロフェッサー、金沢大学国際交流シニアアドバイザー
    アチェップ プルコヌ さん