MENU OPEN

あなたと金沢大SGUYOU & KU-SGU

学外サポーター × 金沢大SGU

学外サポーターの皆様のご協力を得ながら,
金沢大学は大学の国際化を進め,国際社会に貢献していきます。

リーハイ大学(アメリカ合衆国)
教授、金沢大学コラボラティブ・プロフェッサー

キリ リー さん

-Brief Introduction of Yourself

Prof. Kiri Lee received her PhD in linguistics from Harvard University in 1993. Her research areas are Japanese pragmatics and heritage language education. In pragmatics, she has been working on comparative analyses of Japanese and Korean grammar collaborating with Korean linguists. Also, in her work on heritage language education, she pays special attentions to how the notion of “heritage language learner” is constructed, and how her findings can help young heritage speakers navigate in this globalizing world.

 

-How did you get to know Kanazawa University?  What is your impression of the university ?

Through Prof. Mariko Saiki. She and I are in the field of linguistics, and we met each other in several conferences. She invited me to Kanazawa University to give special lectures.

 

-List the recent activities as a Collaborative Professor

Lehigh University has been hosting a group of Kanazawa students in the spring semester in the past several years. The most recently, we hosted eight students from February 22 to march 4, 2020. They visited local schools in the Lehigh Valley, attended lectures, and participated in a cultural events.

このカテゴリーの他の記事をみる

  • 圓光大学(大韓民国)
    チェア・プロフェッサー、金沢大学コラボラティブ・プロフェッサー
    キム ウー ヒュン さん

  • チェコ工科大学(チェコ)
    教授、金沢大学コラボラティブ・プロフェッサー
    ミハル ベネス さん

  • ガジャ・マダ大学(インドネシア)
    准教授、金沢大学コラボラティブ・プロフェッサー
    ショリフン さん

  • トゥイーロイ大学(ベトナム)
    准教授、油圧構造部門長、金沢大学コラボラティブ・プロフェッサー
    ホー シ― タム さん

  • カザン連邦大学(ロシア連邦)
    副学長、金沢大学シニアコラボラティブ・プロフェッサー
    ドミトリ タユルスキー さん

  • モンクット王工科大学トンブリ(タイ)
    学長補佐(国際化担当), 准教授、金沢大学シニアコラボラティブ・プロフェッサー
    アナック カンタチャワナ さん

  • バンドン工科大学(インドネシア)
    准教授、金沢大学シニアコラボラティブ・プロフェッサー、金沢大学国際交流シニアアドバイザー
    アチェップ プルコヌ さん