金沢大学 → 海外IKU to Aboroad

派遣留学とは?

派遣留学とは?

金沢大学派遣留学プログラムとは、本学と大学間交流協定又は部局間交流協定を締結している外国の大学等に、先方の授業料を払わずに3ヶ月以上12か月以下の留学をするためのプログラムです。

【注意】令和2年度出発派遣留学生より学籍上の取り扱いは「留学」となります。(「休学」での派遣留学は不可)

★参考:金沢大学学生の派遣留学に関する申合せ

  • 期間は?

1学期間(約半年間)もしくは2学期間(約1年間)です。協定校によっては1学期間の留学は受け入れていない場合もあります。

  • 内容は?

英語を使って留学する場合…現地の学生と一緒に専門授業を受講する大学がほとんどです。

第二外国語で留学する場合…語学を中心に学習します。

(留学先の協定校や本人の語学力によって異なります。)

  • 費用は?

授業料:留学中も金沢大学へ授業料を納付し、派遣先大学の授業料は免除されます。

生活費:月5万円~15万円程度(国、地域による)

奨学金:派遣留学生になるとさまざまな奨学金を受給できるチャンスがあります。

  • 選考方法は?何を準備すればいいの?

留学目的と目標をしっかり設定し、具体的に何を勉強したいのか明確にしましょう。

①学内選考(書類評価、面接審査)【POINT】基準となる語学試験のスコアが必要!学内のGPAや志望動機も重要です。

②協定校での書面審査【POINT】指定される語学試験のスコアや成績要件をクリアできるかが勝負!

英語圏の大学の要求スコアは、TOEFL-iBT 80~100、IELTS6.0 ~ 7.0等です!計画的に語学学習を進めましょう。

  • 派遣留学では何年次に留学している学生が多い?

3年次に出発する学生が多いですが、2年次や4年次に出発する人もいます。

【例】3年次に留学するには、2年次の秋ごろに学内選考に応募、3年次の夏~秋に出発します。

オーストラリア・韓国地域に留学する場合は、3年次の4月頃に学内選考に応募。3年次の2~3月に出発し、4年次にかけて留学します。

  • 卒業時期は遅れる?

派遣先大学で取得した単位を金沢大学の単位に互換する「単位互換制度」を利用すれば、1年間留学に行っても4年で卒業することが可能です。そのためには、留学前に綿密な計画を立てることが必要です。また、教職等のカリキュラムによっては4年では卒業できないこともあるので注意してください。単位互換の詳細は所属の学務係まで。

★派遣留学先候補校(協定校)一覧

派遣留学候補校はこちらのページで確認してください。新たに候補校が追加された場合は随時更新します。

※学期期間や各要件については、今後変更される可能性があります。最新情報は各大学のホームページで確認してください。

※協定校一覧に掲載されている大学であっても、留学大学が所在する国・地域の治安状況、留学先大学の都合により、本学が派遣中止を決定する場合があります。